住吉神社

 

住吉祭(夏祭り)

平成28年広島三大祭「すみよしさん」

7月17日(日)・18日(祝)

露店多数出ます!!

住吉祭パンフレットダウンロード

○主な行事○

17日限定!
13時頃〜こどもみこし
19時頃〜神楽奉納(上殿神楽団・安芸太田町)
18日限定!
18時半〜こども神楽奉納(あおぞら子供神楽団)

7月17日(日)・18日(祝)両日
夏越大祓神事【夕刻】
夏越人形流し【夕刻】
神楽奉納【夕刻】
茅の輪くぐり【終日】
20時〜打ち上げ花火
18時頃〜住吉神社漕ぎ伝馬船(広島管弦祭)
【潮の干満状況に左右される為、多少ずれます】

平成28年すみよしさん情報

7月29日NHKニュース「お好みワイド広島」
7月16日NHKニュース「おはようちゅうごく」中国地方全域放送!
7月13日 広島FM DAYS!生出演
7月18日 毎日新聞掲載

すみよしさん情報はタウン情報誌各社に掲載されております。

 

夏祭り 夏祭り2

 

夏祭り3

 

交通規制18時〜22時頃
 (大変な混雑が予想されます。お車でのご参拝はお控え願います。)

【夏 季 大 祭】祭 典
【夏 越 大 祓 神 事】

古 歌   住吉の夏越の祓する人は千歳の命のぶといふなり

夏越大祓神事(なごしおおはらいしんじ)は、日常の生活の中で知らず知らずに積もっ
た心の垢を神の霊力により祓い除き、清浄な心にたち返らせ、心身に活力を与える神事です。

自分自身の生活を、神の心に照らし見て、心を見直すよい機会でもあります。

殊のほか、住吉の大神は祓えの神、清めの神としての御神徳があります。古来より、暑い夏の時期を無病息災に過ごす、日本人の「生活の知恵」のひとつです。

御家族一緒にお祓いをお受け下さいませ。

【茅 の 輪 く ぐ り】

夏越大祓神事のひとつに「茅の輪くぐり」があります。

巨大な茅の輪(茅がやで作った大きな輪)をくぐることによって心身が祓われ、清浄な姿に立ち返り、災厄から逃れることができるという伝えが古くからあります。

『備後国風土記』にある蘇民将来の話しが起源と言われています。ちなみに、「茅がや」は清めの霊力のある植物といわれています。

拝殿の前に直径約3メーターの巨大な茅の輪を設置しています。

この茅の輪を左、右、左と3回くぐりお祓いをします。参拝時、各自随時行なっていただけます。

【人 形 流 し】

夏越大祓には「人形(ひとがた)」に自分の身代わりとして罪・ケガレをうつします。さ
らにその人形を、灯篭に乗せて本川に流します。これによって総ての身心の垢を取除くので
す。

古来より罪やケガレを人形に託して心身を清浄にすると言う信仰です。

三月の桃の節句の流し雛(ながしびな)ももとは同じ信仰からでたものです。

住吉神社では、大変珍しい水に溶ける人形を使用しております。環境に優しい素材です。

<人形流しお申し込み>

当日、随時受付けておりますが、ご希望の方は、事前に人形をお送り致します。
住吉神社社務所までお申し付け下さいませ。
・両日とも随時受付。人形流しは夕刻より。